女性に嬉しいメリットのあるピルは産婦人科で入手

低用量ピルには避妊効果はもちろん、女性にとって嬉しいメリットがあります。
まず、低用量ピルとは女性ホルモン類似成分が配合されているため、服用することにより脳に身体を妊娠中と錯覚させます。
それにより排卵を抑制すると共に精子の侵入も防ぎます。
これによりほぼ100%の避妊ができるのです。
これは望まない妊娠を避けるために、コンドームよりも効果的な方法です。
さらに低用量ピルを服用することにより女性は自身の月経のコントロールが出来ます。
そのため、生理不順の方が利用するときちんとした周期で生理を迎えられます。
また、生理の際の重い症状に悩む女性は多くいます。
酷い腹痛や頭痛、出血は仕事や学校生活に支障をきたします。
しかし、低用量ピルを服用するとそれらの症状を軽くすることができます。
そして、肌荒れやニキビの症状も改善できますし、子宮がんや卵巣がんになりにくくなるという効果もあります。
服用の仕方も簡単で1日一粒飲むだけです。
服用を続けても不妊になる心配もありません。
妊娠をしたくなったら服用を止めるだけです。
ただ、デメリットとしては服用するなら毎日飲み続けることと、使い始めに吐き気や倦怠感など妊娠初期のような副作用があるだけです。
しかし、副作用は個人差はありますが2週間程で治まります。
このように女性にとって嬉しいメリットのあるピルですが、入手するには産婦人科で処方してもらわなければいけません。
産婦人科と言うと妊婦さんだけと言うイメージがあるかもしれませんが、ピルの処方もしています。
避妊をしっかりしたい方はもちろん、重度の生理症状や生理前のイライラなどのPMSで悩んでいる方は一度診察を受けてから処方してもらうことをおすすめします。

RECOMMENDおすすめ記事