ピル服用の際の不正出血やニキビの改善など

今では低容量のものが主流になりつつあるほど、ピルの服用者も多くなってきています。
望まない妊娠を避けるため、または生理周期改善などの婦人科の病気の治療にも良く利用されているのですが、その一方でメリットやデメリットもありますので、利用したいと思ったら病院で良く話を聞いておく事も大事です。
理解しないままに服用を続けていると、それだけで飲み間違いや飲み忘れなどを起こす可能性もあるので、最初に分からない事があれば納得できるまで医師と話し合う事も大切です。
ピルの服用をするということは、体外からホルモンを補給することと同じですから、体の状態にも変化が現れます。
擬似的な妊娠状態を作り出すことで避妊効果を得るのですが、体が慣れるまで頭痛や吐き気などを起こす事もあります。
それ以外にも服用を続けていくことでちょっとした出血なども起こります。
これは不正出血と呼ばれるものですが、多くの女性に起こりうることなのでそれほど心配することはありません。
飲み始めるタイミングはそれぞれですが、子宮内膜を排出しきる前にホルモンバランスが変わっていくと、時間をかけてゆっくり排出されますので不正出血が起こるのです。
心配なようであれば、病院に相談しましょう。
また、ホルモンバランスの変化が起こることでニキビの改善が出来る場合も有ります。
女性ホルモンのバランスが整うことで肌の状態も改善されていくので、ニキビに悩んでいる場合もホルモン療法の一環でピルの処方がされる場合もあります。
避妊効果や肌の状態を良くするなどいろんな効果が期待できます。
不正出血は服用中には一度は経験することですが、利用前に説明を良く聞いてから始めると安心できるでしょう。

RECOMMENDおすすめ記事