ピルは不妊の原因になるので妊娠したい時は中止する

ピルは2種類の女性ホルモンを含んだ内服薬です。
女性ホルモンは排卵前に分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。
女性の体は排卵前に卵胞ホルモンが分泌されて排卵出来る状態まで卵巣で卵子を育て、やがて排卵すると今度は黄体ホルモンを分泌して赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜を作ります。
通常では黄体ホルモンは2週間前後で分泌が止まってしまい、そこで赤ちゃんのベッドとなる予定であった子宮内膜が剥がれて生理となります。
しかし、妊娠した場合は赤ちゃんのベッドを剥がさない為に黄体ホルモンは出続けるので生理が来ない訳です。
ピルを内服すると人工的に2種類の女性ホルモンを補う事ができます。
すると体はさも妊娠したかような状態となり、排卵が抑えられます。
そして内服を止めると子宮内膜が剥がれ生理が起こるように作られています。
内服の目的としては避妊目的に使用されますが、その他にも様々な原因の生理不順や子宮内膜症の治療にも使われています。
また生理の日を調整する時にも使われています。
ピルの種類は卵胞ホルモンが含まれる量により、低用量・中用量・高用量の3種類に分かれます。
治療目的で使用するのは中用量・高用量ピルですが、避妊目的では低用量ピルを使用します。
中用量・高用量ピルは健康保険が適用されますが、薬に含まれる卵胞ホルモンの量が多い為に吐き気などの副作用が強いのが難点です。
その点低用量ピルは吐き気などの副作用が軽減されますが健康保険が適用されないので自費となってしまいます。
ピルを服用している間は排卵が抑えられるので、当然妊娠は出来ず不妊となってしまいます。
妊娠を希望している場合、妊娠したい時期は服用を中止しなければいけません。
服用を中止すれば妊娠する事が可能です。
治療目的で使用している場合は主治医に相談してみましょう。

RECOMMENDおすすめ記事